戦争に行かなくていい職業!行かなかったらどうなるのか

戦争に行かなくていい職業!行かなかったらどうなるのか

世界の情勢の中で戦争が起こってしまった場合、日本人が戦争に行くことが今後起きるのでしょうか?

どのような職業の人が行くのか、行かなかったらどうなるのかなど、私たちは考えて生活したことがありません。

戦争に行かなくていい職業があるならば、それに越したことはないです。

 

  • 戦争に行かなくていい職業
  • 戦争に行かなかったらどうなるのか

 

この記事では上記について解説していきます。

 

戦争に行かなくていい職業

戦争に行かなくていい職業について解説します。

戦争に行かなくていい職業

もし戦争が起こってしまったとしたら戦争に行くということは起こるのでしょうか?

職業などにより、行くか行かないかが決まることもあるのでしょうか?

過去と現代では状況が異なりそうです。

ここでは戦争に行かなくていい職業について解説していきます。

戦争に行かなくていい職業<過去の事例>

第二次世界大戦では、徴兵検査を受けて優先順位でランク分けされており、障害のある人や結核患者は免除されていました。

通訳や医者、理科系の学生などは配慮されて戦争に行っていないケースがあったようです。

戦況により変化はあり、国を救うため大半の人が戦争に行きました。

有力者の息子や、長男、 一人息子だと兵役免除のされることもありました。

 

戦争に行かなくていい職業<現代の仮定>

現在戦争が起きるとしても昔と比べて軍事兵器が高性能になっているので、徴兵される前に攻撃を受けてしまうケースも大いに考えられます。

そうなると戦争に行かなかったとしても命の危険はあります。

考えられるとすると、研究職や医者、政治家などは矢面に立つことなく戦争に行かなくていい職業と考えられるでしょう。

 

兵士の治療にかかわる医師は戦地に行くことが考えられますよね!

 

ただし、日本は憲法第九条がある限り国の命令により徴兵は起こりません。

 

戦争に行かなかったらどうなる?

戦争に行かなかったらどうなる?

ではもし戦争になってしまった場合、戦争に行かなかったらどうなるのでしょうか。

こちらでも同様に、過去の事例の紹介と、現在の状況から仮定して

戦争に行かなかったらどうなるのかについて解説していきます。

 

戦争に行かなかったらどうなるのか<過去の事例>

第二次世界大戦のときに戦争に行かない、つまり招集を拒否すると厳しく罰せられました。

監獄へ行き過酷な扱いを受けたり、たとえ刑期が満了したとしても最前線送りとなりました。

国の命令に背いている訳ですから反政府運動に関わっていないかを徹底的に調べられました。

本人のみならず家族も国賊として差別され、公職に就くことが禁じられ、職についている場合も免職へと追いやられました。

 

戦争に行かなかったらどうなるのか<現代の仮定>

昔は自国のために戦うという国の決まりがあり戦地に出向くのが当たり前でしたが、現在は国家のために国民が戦うことに疑問を唱える声も多いです。

戦う意志を持つ人も多数派ではありません。

日本が侵略されたら戦うかの問いに対して、およそ7割の人が戦わないと回答しているデータもあります。

法律が変わることがない限り、戦争に行かなかったとしても罰せられることはないでしょう。

 

国内外の安全な場所に逃げるという回答も多く見られました!

 

国家の方針よりも個人の価値観を元に、身の安全を守る動きの方が強くなると考えられます。

 

戦争に行かなくていい職業まとめ

ここまで戦争に行かなくていい職業や、戦争に行かなかったらどうなるのかについて解説してきました。

まとめは以下の通りです。

戦争に行かなくていい職業

 

過去の事例:通訳や医者、理科系の研究者や学生等(戦況が悪くなると殆どの人が招集された)

現代の仮定:研究職や医者、政治家等(現在は戦地に出向かなくても軍事兵器の進化により攻撃を受けるため、あまり関係がないと言える)

 

戦争に行かなかったらどうなるのか

 

過去の事例:厳しく罰せられた。(監獄収容、最前線へ送り込み、家族まで国賊として差別)

現代の仮定:法律が変わることがない限り、戦争に行かなかったとしても罰せられることは考えにくい。

という事が分かりました。

 

いざ戦争にならないと分からない事が多いのですが、決して戦争は起きて欲しくはないですよね!

 

世界情勢がどうなろうと、軍事で解決することはありません。

日本が大切にしてきた憲法第9条を大切に引き継ぎ、戦争の起こらない平和な世界が訪れるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です