効果測定に落ちる人の特徴!受かる気がしない?一発で受かる方法

効果測定に落ちる人の特徴!受かる気がしない?一発で受かる方法

みなさん、免許はお持ちでしょうか?

免許の取れる年齢になり、意気込んで免許センターへ通う日々…

免許取得のためには教習所で効果測定に合格しないといけません。

「効果測定」とは教習所の学科で学んだことを確認するテストのことです。

仮免前効果測定」と「卒検前効果測定」があります。

教習所を卒業するためには必ず合格する必要があります。

合格しないと次へ進めず、教習所にも延長で通わないといけません。

効果測定に落ちる人に特徴はあるのか?

合格するためにはどういったことが必要なのか?

この記事では、効果測定に合格するための方法を分かりやすく解説します。

 

効果測定に落ちる人の特徴

効果測定に落ちる人の特徴

「効果測定」といってもピンとこないかもしれません。

「効果測定」の内容はこちらです。

仮免前効果測定(第一段階)…修了検定受験資格

 

卒検前効果測定(第二段階)…卒業検定受験資格

 

合格すると次のステップへ進みます!

 

第一段階は仮免許取得、第二段階は免許証取得のステップに進むために必要です。

「効果測定」は、教習所ごとに行われていますが、「出題方法」や「合格率」など教習所ごとに異なります。

「効果測定」に落ちる人には特徴はあるのでしょうか?

 

勉強しない

勉強をしないで臨むのは控えましょう。テキストで問題形式を覚えるのは必要です。

学科で学んだことをしっかり復習してから「効果測定」に向かいましょう。

合格基準はそれなりに厳しいです。

普通に答えられる問題も多いですが、ひっかけ問題が出されるのが定番です。

テキストを読んで頭の中に知識を入れましょう。

 

重要なポイントを教習所の過去問やテキストから学んでしっかり準備しましょう!

 

時間配分が苦手

「効果測定」には制限時間があります。

問題をよく読み、理解することは大切です。限られた時間内で問題を解く必要があります。

「分からない問題にずっと時間をかけてしまう」ことがないように、

ある程度考えて、答えが出ない時は頭を切り替えて次の問題に進みましょう。

 

仮免(第一段階)なら30分間 全50問/45点以上合格

 

卒検(第二段階)なら50分間 全95問/90点以上合格

 

集中して落ち着いて効果測定に臨みましょう!

 

効果測定に一発で受かる方法

効果測定に一発で受かる方法

「効果測定」に不合格になった場合=「余計な時間・お金」が発生してしまいます。

そうならないための方法がこちらです。

 

抑えるべきポイントを理解する

「問題のパターンを理解すること」がとても重要です。

問題文をよく読んで、ひっかけ問題に引っかからないようにしましょう。

混合しやすい言葉や数字、言葉のニュアンスの違いに注意しなくてはいけません。

 

間違いやすい標識や標示、○m、○kgなど細かい数字・記号など気を付けて!

 

学科で教わったことを繰り返し復習する

「効果測定」は、学科で習う範囲の中からの出題されることがほとんどです。

教習所で習ったことを繰り返し勉強しましょう。

教科書を読み返し、頭の中に叩き込んでおくことも必要です。

 

間違えた問題をメモする

「自分が間違えた問題をメモを取って覚える」ようにしましょう。

そうすることで「自分の苦手を知ること」になります。

そこを徹底的にやっていきましょう。正解している問題もやり直すのは時間がかかります。

どこが間違えやすいのか」「どういう言い回しに引っかかりやすいのか

分かっていれば自分で対策ができるのでオススメです。

 

教習所がインターネット学科教習システム「ムサシ」を導入している場合、たくさん利用して自分の苦手の克服に活用しましょう!

 

効果測定に落ちる人の特徴・一発で受かる方法まとめ

効果測定に落ちる人の特徴・一発で受かる方法について解説してきました。

勉強をしない」=「効果測定」に落ちてしまう人がいると思います。

緊張や不安で普段の力が出せない」=「効果測定」に落ちてしまう人もいます。

そんなことがないように勉強しましょう。少しでも合格に近づくために

テキストを何度も読み、繰り返し勉強して苦手を理解して克服する」ことが大切です。

勉強が苦手な人もいると思いますが、万全の状態で効果測定に臨めるように

しっかり勉強して対策をしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です