スマホのアンテナマーク本数の意味!増減・2本しか立たない理由

スマホのアンテナマーク本数の意味!増減・2本しか立たない理由

スマホのアンテナマーク本数がどんな意味があるか、皆さんは知っていますか?

 

なんとなく多いほうが電波がありそうで少ないと電波が悪そうな気がしますよね!

 

実際に電波の状況が悪いと感じたり、少なくても問題なく利用できるときもあります。

このスマホのアンテナマークの意味は何なのでしょうか。

そしてアンテナマーク本数の増減の理由は何なのでしょうか。

 

一見都会の電波が問題なく届きそうな場所でもアンテナマーク本数が増減したり、2本しか立たないということもあります。

 

電波環境が整っている場所で起きるのは不思議ですよね。

 

この記事ではそんなアンテナマーク本数の意味と、アンテナマークの増減の理由について解説していきます。

 

スマホのアンテナマーク本数が増減する理由

スマホのアンテナマーク本数が増減する理由

ではスマホのアンテナマーク本数はなぜ増減するのでしょうか?

ここではスマホのアンテナマーク本数が増減する理由について解説していきます。

 

考えられる理由は以下の3つです。

 

 

スマホ利用者の増加

以前は現在のように多くの人が携帯電話やスマホを持たない時代だったので、基地局の距離感覚も余裕がありました。

しかし、現在ではスマホ利用が当たり前の社会となり、1つの基地局での各キャリアが利用できる周波数が飽和状態となったのです。

1つの基地局の使用可能な通話量では補えなくなったので、基地局ごとの範囲を狭めて基地局が増えました。

これにより、現在の通話料を補えるようにはなりましたがいまだ不足してしまうことも起こるため電波の増減が起こります。

 

多方面からの電波の受信

基地局の増加により、いくつもの基地局から電波が届くということも同時に起こるようになりました。

通常は最も近い電波の強い基地局を利用することになるはずが、あまり電波の強くない遠くの電波を利用することが起こっているのです。

電波が問題なく届く場所でもアンテナ本数が少なくなるのはこれが理由です。

逆に電波表示対象となている基地局と実際の通話の電波を利用している基地局が異なることにより、電波があるのに通信状況が悪いなどということも起きます。

 

このようなことが理由でアンテナマーク本数が増減していたのですね。

 

  • 使用できる周波数が飽和状態であること
  • スマホ利用者の増加による基地局の増加

 

によって電波が混在し、スマホアンテナマーク本数が増減していると考えられます。

 

スマホのアンテナマーク本数の意味

スマホのアンテナマーク本数の意味

スマホのアンテナマークですがいったいどんな意味があるのでしょうか?

また、アンテナマーク本数はどのような意味があるのでしょうか?

 

なんとなく目安にしていたけど、意味を聞かれてみるとよくわからないという人も多いのではないでしょうか?

 

ここではスマホアンテナマーク本数の意味について解説していきます。

 

スマホアンテナマークの意味

 

スマホアンテナマーク(縦4本線)の意味

スマホアンテナマークは電話回線の電波状況を表しています。

通信状況やWiFiの電波ではなく電話できるかどうかの目安となります。

 

スマホアンテナマークの本数の意味

電話回線の電波の状態を表します。

電話本体に挿入されているSIMカードを示していて、4G・3Gなど電話回線の電波の詳細も示します。

本数が多いほうが基地局からより強い電波を受信しており、通話可能かどうかがわかります。

通信速度とは別ですが、本数が少ないほうが通信安定性が低く為、遅くなってしまうことが多いようです。

このようにスマホアンテナマーク本数は電話回線の電波状況の強弱を意味しています。

 

WiFiマークとは違うのですね!

 

WiFiマークはWiFiに接続していなければ表示されることはなく、接続も電波状態もわかるようになっています。

アンテナ本数が多く、5GHzが最も電波強度が強くなり、通信速度も上がります。

Wi-Fi規格(周波数帯)アンテナ数:1アンテナ数:2アンテナ数:3アンテナ数:4
IEEE 802.11n(2.4GHz)150Mbps300Mbps450Mbps600Mbps
IEEE 802.11ac(5GHz)433Mbps867Mbps1300Mbps1730Mbps

 

このように様々な表示で電波状態や通信速度がわかるようになっているのですね。

 

スマホのアンテナマーク本数まとめ

ここまでスマホのアンテナマークの本数について解説してきました。

スマホのアンテナマークが増減する理由は以下の3つです。

  • スマホ利用者の増加により各キャリアが利用できる周波数が飽和状態の為。
  • 多方面からの電波の受信により、電波の強くない遠くの電波を利用することが起きる為。

スマホのアンテナマーク本数の意味は以下の通りです。

 

スマホアンテナマーク(縦4本線)の意味

→電話回線の電波状況で電話できるかどうかの目安である。

 

スマホアンテナマークの本数の意味

→電話回線の電波の状態やSIMカードによる4G・3Gなど電話回線の電波を示し、数が多いほど電波強度が強い。

 

スマホのアンテナマーク本数はこのようなことを表していたのですね!

 

皆さんもスマホを見るときにぜひ着目し、この記事を参考にしてみてくださいね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です