パソコンの画面に一部白いもや(靄)ができる原因!解決法【3分で解決】

パソコンの画面に一部白いもや(靄)ができる原因!解決法【3分で解決】

今や仕事や生活には欠かせないパソコン。

日常的にお仕事で使われていたり、趣味で使うなど様々な用途で私たちの身近になくてはならないものとなっています。

そんなパソコンですがまれに画面の一部に白いもやがかかってしまうということが起こってしまいます。

 

白いもやで画面が覆われてしまうと、画面が見えなくなってしまってとっても困りますよね。
白いもやも一部だったり全体的だったり縁部分であったり、さまざまな状態で出現しています。
突然皆さんのパソコンにも現れることがあるかもしれません!
この記事では、パソコンの画面に一部白いもやができる原因やパソコン画面に白いもやができてしまった時の解決法について解説していきます。

 

パソコンの画面に一部白いもやができる原因

パソコンの画面に一部白いもやができる原因

パソコンの画面に一部白いもやができる原因について解説していきます。

白いもやがかかる原因については、以下のことが考えられます。

熱暴走

熱暴走は、パソコン内部の発熱、冷却ファンの異常、設置環境(室温35度以上)が原因で起こります。

画面に白いもやがかかる以外にも様々な不具合や故障の原因にもなりかねません。

日頃からの予防が大切です。

 

パソコンの帯電

帯電は、パソコンやパソコン内部に電気がたまっている状態を言います。

パソコンの電源を落としていても、電源ケーブルに繋いだままになっているとコンデンサに電気がたまるので帯電が起きてしまうことがあります。

また、パソコン内部に埃がたまっていても帯電がおこりやすくなります。

 

ケーブルの不具合

電源ケーブルやディスプレイケーブルの不具合も原因として考えられます。

傷があったり断線している、接触不良やタコ足配線による電力不足などにより電力が安定して供給されないと十分な動作が行えなくなります。

 

ドライバーの不具合

パソコンのパーツとWindowsをつなげるソフトウェアをドライバーといいます。

マウスやプリンタ、USBも使用するためにはドライバーが必要でありそれぞれのドライバーがあります。

更新できていなかったり不具合が起きていると、画面表示に影響が出ることがあります。

 

ハードウェア

ハードウェアとは、パソコンを構成する(デイスプレイ、ハードデイスク、メモリ、マザーボード、電源など)のことです。

ハードウェアの不具合も原因として考えられます。劣化や老朽化によりうまく作動してない場合も画面出力に問題が起きる可能性があります。

 

Windows Updateによる影響

本来、新しい機能追加や機能の修正の為に必要なのがWindows Updateです。

ただ、更新プログラムの保留中、不具合、破損により白いもやが発生する場合があります。

 

いろんなことが原因として考えられます。

 

パソコン画面に一部白いもやが現れたときは、

  • 上記の原因が当てはまるか確認する
  • 慌てずに一つ一つの原因をふまえて対処する

ことが大切です。

 

パソコンの画面の白いもやを無くす解決法

パソコンの画面の白いもやを無くす解決法

では、パソコン画面に白いもやができてしまった時どのような解決法があるのでしょうか。

 

パソコンのような精密機器は慎重に原因を見ていくのが大切ですね!

 

ここではパソコン画面に白いもやを無くす解決法を解説していきます。

 

熱暴走に対する解決法

まずはパソコンを熱を放出しやすい場所へ設置し、室温を下げましょう。

直射日光が当たらない場所にすることも大切です。

そしてパソコンの使用を中断して冷却ファンの埃を取り除きましょう。

負荷がかかるソフトの使用や複数のソフトウェアの起動によっても熱暴走が起きる原因となるのでソフトウェアの数を減らすなど負荷がかからないようにしましょう。

 

パソコンの帯電に対する解決法

内部の埃や汚れを取り除きましょう。

吸排気口や冷却ファンに埃がたまることでも熱を放出しやすくなり冷却ファンの回転数を持続できるのでこちらも定期的なメンテナンスや掃除を行いましょう。

また、パソコンを長時間使用したり電源ケーブルを接続し続けることも帯電の原因になるので定期的にパソコンの電源を切って休ませ、電源ケーブルを抜いておきましょう。

 

ケーブルの不具合に対する解決法

ケーブルが正しく接続されているか、ケーブルの故障による接触不良や断線が起こってないかを確認しましょう。

無理な配線や延長コードを酷使することで電力不足になっていないかも確認しましょう。

ケーブルに異常がない場合は異常の場合はディスプレイの故障も考えられます。

 

ドライバーの不具合に対する解決法

ドライバーが最新の状態でなければ正常に動かないことがあるので、更新プログラムをインストールし再起動してみましょう。

もしくは、ドライバーのあてなおしを行いましょう。

 

ハードウェアに対する解決法

ぶつけたり水にぬらしたりという外部的な損傷がなかったか、またはそのような取り扱い方法や環境での使用をやめましょう。

老朽化やハードディスクの故障やマザーボードの故障によるものも視野に入れましょう。

 

Windows Updateの影響に対する解決法

Win+lキーを押し、Windows Updateに進んだ後に更新履歴から更新プログラムをアンインストールを選びます。

問題の原因の可能性のあるプログラムを選択してアンインストールします。

また、重要な更新プログラムを見逃している場合があるので同時に確認します。

更新プログラムがある場合は、インストールしオプションの更新プログラムでドライバーの更新プログラムも探しインストールします。

ない場合は更新プログラムのチェックをクリックしてダウンロードします。

熱を放出する、電源を切り休ませることでの改善例は多いです。

当てはまるものがないか確認してみましょう。

 

パソコンの画面の白いもやまとめ

パソコン画面に一部白いもやがかかることについて解説してきました。

原因と解決法は以下の通りです。

 

原因解決法
熱暴走室温を下げ直射日光が当たらない熱のこもらない環境にパソコンを設置する。
内部・吸排気口・冷却ファンの埃や汚れを取り除く。
パソコンの長時間使用をやめ、定期的にパソコンの電源を切り電源ケーブルを抜いておく。
パソコンの帯電熱暴走同様、内部・吸排気口・冷却ファンの埃や汚れを取り除く。
パソコンの長時間使用をやめ、定期的にパソコンの電源を切り電源ケーブルを抜いておく。
ケーブルの不具合ケーブルの接続状態や故障による接触不良や断線がないかを確認する。
配線や延長コードを酷使により電力不足ではないか確認する。
ケーブルに異常がない場合はディスプレイの故障も視野に入れる。
ドライバーの不具合ドライバーの更新プログラムをインストールし再起動する。
またはドライバーのあてなおしを行う。
ハードウェア外部的な損傷がないかを確認し、損傷が起きるような取り扱い方法や環境での使用をやめる。
老朽化を防ぐためメンテナンスをこまめに行う。
ハードディスクの故障やマザーボードの故障も視野に入れる。
 Windows Updateによる影響更新プログラムをアンインストールする。
問題の原因の可能性のあるプログラムをアンインストールする。
重要な更新プログラムを見逃している場合はインストールしドライバーの更新プログラムもインストールする。
ない場合は更新プログラムのチェックをクリックしてダウンロードする。

 

上記の対応をしても解決しない場合は、ハードウエアに問題がある可能性が高いので、修理業者に相談してみるのがおすすめです。

 

定期的にデータのバックアップを取っておくのも大切ですね!

 

もしパソコンの画面の一部に白いもやが現れたときはぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です