ウクライナ語の難易度を完全解説!ロシア語と似てるけど違いは?

ウクライナ語の難易度を完全解説!ロシア語と似てるけど違いは?

皆さんはウクライナ語を聞いたことはありますか?ニュースなどで耳にされた方もいらっしゃるかもしれませんが、具体的にこんな言葉!と言い切れる方は少ないのではないでしょうか。

地球上には,190ヵ国が国連に加盟しています。

言語で数えてみると6900語ほどあります。

英語や韓国語などとは違ってウクライナ語は単語などもわからないという方がほとんどかと思います。

 

そんなにたくさんの言語があるんですね!全く知らない状況からウクライナ語を勉強するのは難易度が高そうですよね !

 

多くの言語がある中で、難易度を左右するのは母国語が何かによって左右されます。

母国語と近い文法や単語が共通しているなど、親しみ慣れている母国語と似ているかで個々の難易度の感じ方が変わってくるからです。

中でも日本人が難易度が高いと感じてしまう言語の中ではロシア語があげられます。

ロシア語で使われるキリル文字が英語のアルファベットに似ているのですが違った文字なので、混乱してしまうことも多いようです。

 

ウクライナ語もキリル文字を使う言語のため、もしかすると日本人にとってウクライナ語は難易度が高く感じてしまうこともあるかもしれないですね!

 

この記事では、ウクライナ語の難易度について詳しく解説していきます。

 

ウクライナ語の難易度!他の言語と比べてどのくらい?

ウクライナ語の難易度!他の言語と比べてどのくらい?

さて、気になるのがウクライナ語の難易度です。

いったい他の言語と比べて、どのくらい難易度が高いのでしょうか?

 

難易度が高いロシア語と同じ文字を使うということは、ウクライナ語もやはり難易度が高いのでしょうか?

 

様々な目線でウクライナ語の難易度を解説していきます。

 

習得難易度ランキング

 

まずは、言語学者さんの習得難易度ランキングを元に、習得難易度が高いとされる上位3つをご紹介します。

1、ポーランド語

2、フィンランド語・ハンガリー語・エストニア語

3、ロシア語・ウクライナ語

ウクライナ語が3位にランクインしています。

 

理由として

  1. 人口の多い英語圏の人にアルファベットと似ている文字や慣れない文法で難易度が高いと思われているため
  2. ロシア語の難易度が高くウクライナ語も類似している部分が多いため
  3. ウクライナ人でもロシア語を話す地域や世代も多くネイティブですらウクライナ語を難しいと感じているため
  4. ロシア語を話す人口よりさらにウクライナ語を話す人口が希少であるため

が考えられます。

 

難しいだけでなく、限られた地域になればなるほど独特の癖がありそうですよね!

 

日本人から見た難易度ランキング

日本人目線で見た難易度ランキングはこちらです。

1、アラビア語

2、ロシア語・タイ語

3、英語

ウクライナ語はランクインしていないものの、2位に類似言語であるロシア語が入っていることをふまえると同等もしくはそれ以上の難易度があると考えられます。

 

詳しくは次の段落で解説いたしますが、

①ロシア語と類似してることから難易度も近くなると考えられるため

②日本では極めて学習人口や日本語で書かれた教材も少なく環境要因的な難易度が高いため

③日本人は義務教育で英語を学ぶので英語圏の人同様、アルファベットと似ている文字や慣れない文法で混乱してしまうため

 

余談ですが、英語圏の方々には日本語も難しく感じられることがあるようです!

 

日本語同様に中国語やアラビア語なども、表現方法が豊富なため、英語圏の方々には覚えるのが大変困難なようです。

 

ウクライナ語の難易度が高い理由!ロシア語と似てる?

ウクライナ語の難易度が高い理由!ロシア語と似てる?

難易度が高いとされる理由の一つにロシア語と似ていることがあります。

ロシア語も難易度が高い言語です。

 

ロシア語には

  • キリル文字(アルファベットと似ていて混乱する)
  • 文法の性(文法には3つの性がある。特に3つ目の『中性』も混乱を招く)
  • 名詞の格名詞に6つの格がある(主格、生格、与格、対格、造格、前置格)

がありこれらが難易度を上げているといえます。

 

このロシア語と似ているとなるとウクライナ語の難易度はどう転んでも高くなりますね!

 

ここでは、ウクライナ語とロシア語の似ている部分を解説していきます。

 

ウクライナ語とロシア語の共通点

・インドヨーロッパ語族のスラブ語派。同じ起源であり言語の系統が非常に近い。

・キリル文字とをベースにした言語である。

・文法的にほぼ共通している

・数詞もほぼ共通している

・単語もほぼ共通している

このように似ている部分が多々あるウクライナ語とロシア語ですが、単語の読み方や発音、文字の有無による違いがあります。

全体的に似ている部分は多いのですが、意思疎通が可能なレベルまで習得するためには単語の語彙数や発音まで、細かく学習する必要がありそうです。

 

ウクライナ語の難易度まとめ

この記事ではウクライナ語の難易度について解説してきました。

下記の結論から見てもウクライナ語の難易度は高いと言えるでしょう。

まず切っても切り離せないのはロシア語の難易度です。

ロシア語は以下の特徴から難易度が高いといわれています。

  • キリル文字(アルファベットと似ていて混乱する)
  • 文法の性(文法には3つの性がある。特に3つ目の『中性』も混乱を招く)
  • 名詞の格名詞に6つの格がある(主格、生格、与格、対格、造格、前置格)

 

上記のロシア語の難易度に加えて、ウクライナ語には以下のような難易度を上げる要因があります。

 

  • ウクライナ人でもロシア語を話す地域や世代も多くウクライナ語を難しいと感じている
  • ロシア語を話す人口よりさらにウクライナ語を話す人口が希少である
  • 国によっては学習人口や日本語で書かれた教材も少なく環境要因的な難易度が高い

 

言語自体の難易度もありますが、環境要因が難易度を高めている部分も多いですね!

 

 

ウクライナ語を勉強する際はぜひ参考にしてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です